長介の髭 消えないままの痛み

犬と本と漫画、映画にドラマ、ときどきお出掛け。消えない傷を残して、前に歩む毎日。

かわいそうなオリンピック

東京都のコロナ新規感染者数が、ついに3,000人を超えて

全国でも9,000人を超えました。

それでも首相は「オリンピックを中止する選択肢はない」と答えたそうです。

もっと早い段階で、何とか出来なかったのでしょうか?

 

今から2ヶ月以上前、今年の5月12日に発売された『週刊文春』5月20日号に、

ノンフィクション作家の沢木耕太郎さんが特別寄稿「悲しき五輪」という題の

4ページのー文章が掲載されていたことを知って、すぐに読んでみました。

 

沢木さんはこれまでいくつもオリンピックを取材してきました。

ところが、今回の東京オリンピックについては、

 

私は、このオリンピックに限って、競技場に行き、

取材をして書きたい、

つまりその出来事に立ち合いたいという

内から湧き上がる強い思いが

生まれてこないことが不思議だった。

なぜだろう?考えているうちに、

ひとつ思い至ることがあった。

このオリンピックに、開催の『大義』がないからではないか、と。

大義、などという言葉が大仰すぎるというなら、

意義、意味と言い換えてもよい。

重要なのは、その国のその都市で生きている人々が

どれだけ開催を望んでいるかということだ。

(中略)

それにしても、この2度目の東京大会ほど惨めなオリンピックは、

かつてなかったかもしれない。

負の要素があとからあとから吹き出し、降り注いでくる。

中止になれば、その準備に費やされた莫大な金と労力が無になる。

強行されたとしても、外国からの支持や支援は希薄な上に、

国内においても国民ばかりか東京都民ですら

熱い気持ちを向けられなくなっている。

実に都民の七割以上が開催に反対しているらしいのだ。

なんとかわいそうなオリンピックなのだろう

 

振り返れば、この時、5月の連休後ぐらいが開催を見合わせる

ことが出来た最後のチャンスだったのかもしれません。

 

不要になってしまったボランティア用のおにぎりやお弁当が

毎日、数千食分も大量に廃棄されているそうです。

自転車のロードレースでは、交通規制によって不便を強いておいて、

沿道での観戦は控えてくださいと呼び掛けています。

恐らく、札幌でのマラソン競歩も同じでしょう。

そして、お台場の潮風公園には、40億円も掛けて、

12,000人も収容できるビーチバレーの会場とスタンドが作られました。

競技日数はわずか2週間だけのために(パラリンピックでは使いません)

2019年8月から丸2年間、公園に立ち入りが出来ない状態です。

それも無観客となり、まったくの無駄になりました。

 

いったい、誰の為の、何の為のオリンピックなのでしょうか?

あー夏休み!

f:id:Sankei0727:20210726013343j:plain
明日が終業式の学校も多く、子どもが待ちに待った“夏休み”です。

でも、今年の夏休みは、いつもとだいぶ違います。

プール教室も、ラジオ体操も、盆踊りも、夏祭りの縁日も、花火大会も、

夏合宿も、全部が中止です。新幹線や飛行機に乗って出掛ける旅行も、

遠く離れた田舎に住むお爺ちゃんお婆ちゃんに会いに行くこともできません。

 

それでも、なぜかオリンピックは開催されます。

 

自転車のロード競技のために、交通規制がされます。

でも、沿道での観戦は控えてくださいと、呼び掛けます。

恐らくは、札幌で行われるマラソン競歩も、同じでしょう。

 

子どもたちの記憶には何も残らない、

テレビの中だけの“悲しいオリンピック”になるでしょう。

国内最大のスポンサーであるトヨタは、CM放映をしないことを決めました。

 

もっと早い段階で、何とか出来なかったのでしょうか?

政治家や大人たちは、いったい何をやっていたのでしょうか?

あまりに無策で、無責任だと思います。

 

 

 

政治家の責任

f:id:Sankei0727:20210719001946j:plain

今週、ついに東京でオリンピックが開催されます。

そして今日、ようやく1回目のワクチン接種を受けることができました。

でも、当選したチケットは、結局、発券されずに払い戻しとなります。

 

東京にオリンピック誘致が決まった時に言われていた

東日本大震災からの復興”を全世界に示す、

あるいは、全世界から訪れる観光客を“おもてなし”することも、

まったくありません。それどこか、会場で応援することも出来ずに、

テレビで見るだけです。まるでユーロやコパ・アメリカのように。

(それぞれの決勝戦の会場であるロンドンのウェンブリーは75%の6万人、

 一方のリオデジャネイロマラカナンは当初無観客の予定が、

 直前になって、10%の7,800人だけ観客を入れて行われました。

 奇しくも前々回と前回のオリンピックが開かれた都市で、 

 どちらも開催国が優勝を逃すという、皮肉な結果となりましたが)

 

いったい誰のための、何のためのオリンピックなのでしょうか?

無観客でも、東京でやる意味があるのでしょうか?

あくまでも結果的にですが、無観客であれば、

前の国立競技場を取り壊して新しく建て替える必要はなく、

水泳会場も辰巳国際プールで十分でした。

体操やバレーボールも10,000人以上の会場を新設しました。

無駄なお金を注ぎ込んだ挙句に、大赤字の“もったいない”大会です。

 

しかも、いまだに都内の感染拡大が、一向に収まりません。

さらには連日の猛暑です。

コロナ禍がなくても、真夏の開催はやめるべきだったと思います。

開催が今年の10月だったら、国民全員のワクチン接種が済んでいたかも。

 

総理大臣をはじめに関係大臣、そして都知事も、政治家として、

オリンピック開幕までに、ワクチン接種が間に合わず、

無観客での開催になったことに対して、

責任を取って職を辞するべきだと思います。

 

誰かを助けるために

 

f:id:Sankei0727:20210717211225j:plain

細田守監督のアニメ映画『竜とそばかす姫』を観ました。

細田作品のファンの方には、申し訳ありませんが、

これまでTVでは、幾つか作品を観ていますが、

一度も劇場では観たことがありませんでした。

でも、この作品は、劇場の大画面で大音響で観るべきだと思いました。

しかもIMAXで。そして、それが大正解でした!

 何と言っても、主人公の鈴/ベルの声と歌を務めた中村佳穂さんが圧巻です。

 

<U>はもうひとつの現実

「AZ」はもうひとりのあなた

現実はやり直せない

しかし、<U>ならやり直せる

さあ、もうひとりのあなたを生きよう!

さあ、新しい人生を初めましょう!

さあ、世界を変えよう!

 

観る前は、この作品は現代版『美女と野獣

おとぎ話。メルヘンチックで、ファンタジーの話だと思っていました。

 でもそれは、間違いでした。

 

俺を見るな!

 

誰に対しても攻撃的で、乱暴、そして傲慢に振る舞い、

<U>の秩序を破壊する「竜」。

その正体は・・・

そして、鈴が、選択した行動は? 

 

本当のあなたは誰?

 

シンジくんや素子とは違う、現実世界の話でした。

最初はネットの世界でハチの名前で活動し注目された

ケンシさんの生き様にも重なると思いました。

 

恋に落ちる瞬間

f:id:Sankei0727:20210710203948j:plain


思ったより、時間は掛かりませんでした。

3日掛かりで、実質的には5〜6時間くらいでしょうか?

色合いがハッキリしていて、300ピースですが、

ピースの形が変形のやつが多いので、慣れている人には簡単だと思います。

 

ケンシさん曰く『恋に落ちる瞬間の表情を描来たかった』とのことです。

 

恋に落ちると言えば、ちょうどWOWOWで放送された

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』を観ました。

キミスイ浜辺美波さんと北村匠海さんが主演で、

監督は『夏への扉ーキミのいる未来へー』の三木孝浩監督です。

原作は、少女マンガだそうです。

 

1年延期、待ちに待った世界一の大会!

無観客での開催が決まった東京◯リンピックではありません。

サッカーのユーロ2020とコパ・アメリカ2020です。

どちらとも、コロナ禍のために昨年の開催が1年延期されました。

それが、いよいよ決勝戦を迎えます!

 

ご存知の通り、サッカーの世界一を決める大会はワールドカップですが、

実は、ユーロとコパ・アメリカは、ある意味でワールドカップよりも

予選を勝ち抜いて、優勝することが難しい大会だと言えます。

それは、ワールドカップは近年、実力の差が縮まったと言われていますが、

まだまだヨーロッパと南米以外の国との実力の差がとても大きいからです。

参考までに、最新のFIFAのランキング(5月27日)では、

1位、2位、4位、5位、6位、7位、10位がヨーロッパの国です。

そして、3位、8位、9位が南米。11位にようやく中米のメキシコが来て、

12位から20位までがすべてヨーロッパと南米で占められています。

ようやく北米のアメリカ合衆国がヨーロッパの国と同点の20位、

アフリカのセネガルが22位、アジアの日本は28位です。

 

待ちに待った決勝戦は、奇しくもどちらもサッカー伝統国同士の対戦です。

ユーロの方が、“アズーリ”イタリアに対する“スリーライオンズ”イングランド

FIFAランキングは、7位と4位です)

開催場所は“サッカーの聖地”と言われるロンドンのウェンブリーです。

(収容人員は90,000人)

イングランドの攻撃陣は、ケイン27才、スターリング26才、サカ19才です。

守るカタナチオのイタリアは、ゴールキーパーがドンナルンマ22才。

若い世代の活躍が楽しみです。

 

一方、コパ・アメリカの方は、順当に、南米の2強が勝ち上がりました。

カナリア軍団”ブラジルと、“白と空色の縦縞”アルゼンチンが対戦します。

FIFAランキング、3位と8位)

開催場所は、同じく“サッカーの聖地”、リオデジャネイロマラカナン

(収容人員は78,639人、前回の◯リンピックのメイン会場でした)

お馴染みサッカー界の至宝、ネイマール29才とメッシ34才の対決です!

 

もう一人の至宝、クリスティアーノ・ロナウド36才のポルトガル(ランキング5位)は、

決勝トーナメント1回戦で、ベルギー(ランキング1位)に敗れました。

同じ決勝トーナメント1回戦では、FIFAランキング2位のフランス、12位のドイツ、

14位のクロアチア、16位のオランダ、17位のウェールズ、18位のスウェーデン

敗退しています。そしてイタリアが、準々決勝でベルギー、

準決勝でスペイン(ランキング6位)にPK戦の末で勝ちました。

 

 恐らく世界中、◯リンピックよりも、多くの人々がこの2試合を観ると思います。

それぞれ日本時間で、7月12日の朝4時と、前日11日の朝9時キックオフです。

残念ながら地上波の放送はなく、それぞれWOWOWとABEMAで放送されます。

 

ちなみに、開催場所のイギリスのロンドンも、ブラジルのリオデジャネイロも、

ともにコロナの感染状況は、日本や東京に比べれば桁違いで、増加傾向みたいです。

それでも、ウェンブリーは75%の6万人超の観客を入れて開催しています。

陰性証明書と2回ワクチン接種が終えている等の条件がようです。

一方、マラカナンの方は、無観客でバブル方式ですが、

選手やチーム関係者の間で、感染爆発が発生しているとのことです。

 

果たして、東京◯リンピックは大丈夫でしょうか?

30年の時を超えて・・・

ロバート・A・ハインラインの名作『夏への扉』を読みました。

前に読んだのは学生の時なので、もう30年以上も前のことです。

その時に読んだのは、ハヤカワ文庫で、福島正実さんの翻訳だと思います。

今回は、小尾芙佐さんが訳された新訳本を読みました。

残念ながら、昔の文章を覚えていないので、比べることは出来ませんが、

ピートの本名?が、審判者ペトロニウスであること。

家にある11のドアは、すべて外に出ることが出来るなど、

幾つかの発見?あるいは再発見?がありました。

 

今から30年前と言えば・・・1991年、平成3年です。

東京都庁が新宿に移転し、世の中はバブル崩壊の直前でした。

相撲では若貴ブーム千代の富士が引退した年でもあります。

総理大臣が、海部俊樹から宮澤喜一へ交代して、

東京メトロ南北線大江戸線が、今より短い区画で開通しました。

 

スマホどころか、インターネットも携帯電話も、

まだまだ一般には、ほとんど普及しておらず、

パソコンよりも、もっぱらワープロが使われていました。

 

前回の映画の時にも書きましたが、

ロバート・A・ハインラインが原作を書いたのが、

さらに34年前(今から60年以上も前です!)

福島正実さんの翻訳本が、日本で出版されたのも同じころです。

 

何度火傷しようと、人を信用しなければならないときがあるんだ。

そうしなければ、洞窟の隠者になって片目を開けたまま眠るはめになる。

 

この物語のテーマって、貫井徳郎さんの最新刊と同じでした。

技術は間違いなく進歩していますが、果たして人間の心はどうでしょうか?

それでも、ピートのように諦めなければ、

どれかひとつは必ず、“夏への扉”なのだという信念を曲げなければ

今日よりは、明日が少しずつ良い日になる。

 

そう、ピートが正しいのだとぼくは思う。